新規ドキュメントを作成します。

デフォルトまたはテンプレートのサイズで新規作成します。

開いたドキュメントのページ設定は、メニューバー ファイル →  → [ページ]タブで変更できます。

テンプレートは、Inkscape\share\templatesにあります。デフォルトテンプレートは、default.svgです。

新規に設定したSVGファイルをtemplatesフォルダに入れると、カスタマイズしたテンプレートをとして利用できます。

 指定されたファイルを新しいドキュメントとして読み込みます。

svg、ai(イラストレータ)、wmf等のドロー系ファイルとビットマップファイル(jpg、png、gif、bmp)、PDFファイルが標準で準備されています。その他の拡張子のファイルの読み込みには外部のソフトが必要になります。

    詳しくは、入/出力 をご覧ください。 

 最近開いたファイルがプルダウンメニューとして表示されます。

 最初に読みこまれたファイルを再度読み込みます。

 ドキュメントを上書き保存します。

 ドキュメントに名前を付けて保存します。

拡張子を変更することにより、eps、pdf を作ることができます。

 ドキュメントのコピーを作り、新しい名前で保存します。

          作業の途中経過を一時保存しておきたい場合などに便利です。

 開いているドキュメントに、指定したファイルを追加します。

インポートできるファイル(拡張子)は、「開く」と同じです。ビットマップをインポートすると、Inkscapeは、画像を埋め込むかリンクするかのダイアログが表示されます。埋め込むとファイルサイズは大きくなります。インクにすると、ファイルサイズは小さくなりますが、元のファイルを削除したり移動するとエラーになります。

   詳しくは、入/出力 をご覧ください。 

 ドキュメントをPNG画像として保存します。

   詳しくは、入/出力 をご覧ください。

 InkscapeのOpen Clip Art Libraryを検索してインポートできます。

検索キーワードは、英語です。

Open Clip Art LibraryからSVGファイルでダウンロードすることもできます。

 プリンターの印刷機能を使って印刷します。(Inkscape独自の印刷機能はありません)

 ドキュメント内部で使用されていない定義文(defs)を削除します。

 描画に使用するドキュメントのサイズや表示するガイド・グリッド線、スナップ方法などについて指定します。

メニューバー ファイル →  → ダイアログが表示されます。

ページサイズで、テンプレートのページサイズを指定します。

ページサイズをコンテンツに合わせて変更

ページサイズを描画全体または選択オブジェクトに合わせて設定することができます。

(上下・左右マージンの指定も可能です)

ページトップへ

2016.01